NGT事件につき、第三者委員会報告書、マスコミ記事、メンバー達の発言、弁護士の見解等々を比較・整理し、何が「確かに言えること」かを整理します。

スポニチ写メ会デマとは、スポニチが「暴行被害者の山口真帆さんが、暴行犯とつながっていたとされるデマ」を、写メ会と呼ばれるイベント時にファンと取られた写真を使い、2019年10月30日にツイートや記事で発信した、一種のガセネタである。

スポニチ、2019年10月30日に写真ツイート

2019年10月30日05:00:28、スポニチ芸能アカウントが

>元NGT48山口真帆さんが襲撃された事件で衝撃的な2枚の写真を本日30日付けスポニチ紙面で掲載しています。山口さんと加害者男性が仲良く指でかたどっている数字「602」とは…。   #山口真帆 #NGT48 #衝撃写真 #秘密のポーズ #AKB48 #山口真帆暴行事件 #スポニチ芸能

とツイート。山口真帆さんと、暴行犯がテーブルを挟んで写る2ショット写真が添えられていた。
これは同日の紙媒体でも掲載・報道された。

ただの写メ会写真だった

しかしこの写真は、「写メ会」と通称される、特典付きCDを購入すれば誰でもメンバーと2ショットを撮影できるイベント時の写真であった。撮影時にはメンバーに対してファンはポーズの要求もできる。
写真会については下記記事に流れが書かれている。 そのような「誰でもポーズを指定して撮影できるイベントでの写真」を、「山口と暴行犯がつながっていた衝撃写真」としてスポニチが報じた事から、ネットで大炎上。

山口真帆さん、沈黙を破り「名誉毀損すぎる」

山口真帆さんは事件についての話題では半年ほどの沈黙を破り、同日07:27:17「スポニチさんが名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます。ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません。AKB新聞やってて写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる」とツイートして批判した。
その後同日合せて3ツイートをした後、山口さんは再び事件については沈黙している。

ファン達による「写メ会写真自慢大会」

さらに同日から翌々日頃にかけて、NGT48ファン、また山口真帆さんファン以外の、普段NGT48運営を批判する事が少ない他のAKBグループファン達からも、「これがつながりの証拠だと言うのなら、僕も、私も、AKBGメンバーとつながっているよ(笑)」と自分の写メ会写真を沢山アップ(これに対して山口真帆さんは「みんなありがとう」と感謝している)。

スポニチは失笑と爆笑の中に大炎上した。

結局これしか出て来なかった

2019年10月30日まで、「山口真帆と暴行犯がつながっていたらどうするんだ、その証拠が出たらどうするんだw」とする声が、2019年6月頃からの一部ネガキャンの中で上がっていた。

しかしスポニチが「満を持して」出して来た「衝撃写真」が、「誰でも撮れる写メ会写真」だけであった事で、「山口真帆と暴行犯がつながっていた説」は、陰謀論を除き完全に消滅した。

むしろ「これしか無かった」事で、山口さんと暴行犯との間につながりなど無かったとする素直で堅い通説が、さらに堅牢に補強された。

AKB新聞の発行元スポニチの信用失墜

この写真デマツイートで、スポニチはNGT48暴行事件での報道において、完全に信用が失墜した。
山口真帆さんがツイートした通り、スポニチはAKB新聞の発行元であり(2018年までは日刊スポーツが発行元)、「写真会」「写メ会」のシステムを当然知って居る筈の媒体であった事も、炎上に拍車をかける要因となった。

スポニチのツイッターアカウント半壊

それまでスポニチはツイートに熱心な媒体であったが、この大炎上後、特に「スポニチアネックス」アカウントのツイートが激減。
スポニチにとっては他の話題のツイートにまで支障を来すほどの大ダメージとなった。

管理人/副管理人のみ編集できます