NGT事件につき、第三者委員会報告書、マスコミ記事、メンバー達の発言、法人の登記簿謄本、弁護士の見解等々に基づき、検証可能な範囲で確かに言えることを整理。未だに撒き散らされ続けるデマ・ガセに対抗します。


NGT48劇場の入り口通路には、2019年5月までは、1期生達のオーディション合格時の写真が大きく飾られていた。


2019年5月18日の太陽は何度でも公演までは、それはあった事は分かっている。

だが、2019年8月、3ヶ月ぶりの劇場公演再開時には、それらの写真が全て撤去され、新潟県の風景写真に差し替えられていた(ファンのブログファンのブログ)。

もちろんこれらの撤去と差し替えがメンバーにできるわけがない。
事件被害者の山口真帆さん、そして山口さんとともに卒業した菅原りこさん・長谷川玲奈さんら、3人の顔も見たくないというNGT48運営(当時の劇場支配人は早川麻依子)の意思表示だったと捉えるのが自然である。

なお、「ドラフト3期生・2期生をこれから売り出すので、1期生色を薄めた」といった解釈は成り立たない。
2019年8月当時は、ドラフト3期生、2期生達はまだ全員研究生であり、彼女達の昇格が発表されたのは1年4ヶ月後の2020年12月である(スポーツ報知2020年12月25日)。

NGT48において、目に見える形での、最初の「経歴抹消」であった。
「3人の顔」を通路から消すために、他メンバー達の記憶までまとめて抹消した。

その姿勢は、下記「サインボール」「履歴書」にも表れている。

Menu

運営・企業幹部・スタッフ

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます