NGT事件につき、第三者委員会報告書、マスコミ記事、メンバー達の発言、法人の登記簿謄本、弁護士の見解等々に基づき、検証可能な範囲で確かに言えることを整理。未だに撒き散らされ続けるデマ・ガセに対抗します。


NGT48劇場には、卒業したNGT48メンバーの記念品として、卒業生がサインをしたボールが展示されていた。
本項では、そのサインボールが設置された経緯と、撤去、そして撤去の何が問題であるかを解説する。

なお、NGT48において「サインボール」は
  1. NGT48卒業生が白いボールにサインしてNGT48劇場に残していた卒業記念品
  2. 劇場公演で観客に対しメンバーが投げ渡すボール(AKB48@メモリスト
の2種類があるが、本項では1のみ扱う。

始まり

卒業生メンバーがサインボールを残す習慣は、最初の卒業生である水澤さんが卒業する時に始まった。

NGT48劇場支配人であった今村悦朗は、LINEブログで以下のように述べている。
>新潟だけの特別な儀式も実施しました。公演観覧者が記念に赤いボールを入れるエントランスの横の壁に、卒業生がサイン入りの白いボール(赤いボールより大きいサイズです)を入れるという儀式です。今後、赤いボールが入れ替えられる時が来ても、卒業生のボールはずっと残っていき、劇場を見守り続けます。(NGT48 公式ブログ

運営公式アカウントも、水澤さん、大滝友梨亜さん、宮島さんがサインしたボールを、ケースに入れる様子をツイートした(2017年3月26日ツイート2017年10月29日ツイート2018年8月7日ツイート)。また、公式YOUTUBE動画でも、宮島さんがサインボールをケースに入れる様子が映っている(宮島さん公式動画57秒から)。
公式ツイート画像や公式動画の通り、元々はエントランス横のボール入れに、サインボールは入れられていた。

2018年8月8日以降のいずれかの時期には、劇場内のショーウィンドウに展示されるようになっていた。

いつ展示場所が変わったか、正確な日時は不明であるが、宮島さんがサインしたボールはエントランス横のボール入れに入れられている様子を公式がツイートしている(2018年8月7日ツイート)。
2018年8月2日にはショーウィンドウ内にサインボールが写っておらず、同年8月28日には写っている。
  1. 2018年8月2日、中村歩加さんの生誕祭での運営によるツイート
  2. 2018年8月28日、西村菜那子さんの生誕祭での運営によるツイート
同年8月2日から28日までの間に、サインボールの展示場所は変えられたと推認できる。

事件被害者の山口真帆さん達のサインボールも作られ展示された

2019年5月19日には、山口真帆さん、長谷川玲奈さん、菅原りこさんのサインボールが展示されていたことが確認されている。

ボールの並び順は左から、山口真帆さん、長谷川玲奈さん、菅原りこさん、以降右に柏木由紀さんから始まり、それ以前の卒業生達のボールが並んでいた(YOUTUBE動画:【NGT48】久々の劇場。山口真帆・菅原りこ・長谷川玲奈の卒業サインボールが見たい。写真があるファンのブログ)。

山口真帆さんと村雲颯香さんのサインボールが直接並び合っていたことから(写真があるファンのブログ)、両名の卒業の間に活動辞退した、高沢朋花さん、渡邉歩咲さん、山崎美里衣さんといった元研究生のサインボールは、元々置かれていなかった。

2020年1月3日までは、サインボールは残っており、佐藤さんのサインボール(写真があるファンのブログ)まで含め、11個のサインボールが残っていたことが分かっている(写真があるファンのブログ)。
11個の並び順は、左から
佐藤、村雲、山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこ、柏木由紀、高橋、宮島、北原里英、大滝友梨亜、水澤
であった(敬称略。本項では2022年2月現在、本格的な芸能活動を行っていない卒業生※は苗字のみ記載。写真があるファンのブログ)。

※個人での配信は行っている等の判断に迷う例はあり、今後本項でのフルネーム記載の有無を変更することもあり得る。

いつ、撤去されたか

2020年2月16日、荻野由佳生誕祭を運営公式がツイートした画像ツイートされた動画には、荻野由佳氏後方に見えるショーウィンドウの中にサインボールが11個映っている。

だが2020年10月29日、太野氏の卒業公演後には、サインボールが従前の位置から撤去されていた事が、運営公式ツイート動画に映っている太野氏の後方に見えるショーウィンドウの様子から判る。

撤去後の状況を撮影した写真としては2020年11月7日のツイートもある。

したがって、2020年2月16日から、同年10月29日までの間に、卒業生たちのサインボールは撤去されたと思われる。
しかし正確な撤去日時と、誰によって撤去されたのかは、分かっていない。

なお、2020/06/04公開の高倉萌香さん卒業記念の動画では、壁掛け写真外しは撮影されているものの、サインボール設置は撮影されていないため、高倉萌香さんのサインボールは制作されていないかもしれない(公式ツイート)。
但しそれまでも、NGT48運営がサインボールの設置シーンの写真投稿や動画投稿を行うとは限らなかったため、設置の動画や写真が公式から投稿されなかっただけでは、設置の有無は判定できない(北原里英さんの卒業時の公式ツイートでも、壁掛け写真外しはツイートされているが、サインボールについてのツイートは見当たらない)。

コロナ禍のため、この期間に劇場に出入りできたファンの数は多くなく、ネットにUPされた写真も限られていることも、検証を難しくしている。

誰が撤去したのか

無論メンバーの独断で撤去できるはずはなく、NGT48運営が撤去を決定したと考えるほかないが、細かくみれば以下を想定できる。
  • 吉成夏子AKS社長が撤去決定(2020年2月16日から2020年3月31日までの間なら)
  • 早川麻依子NGT48劇場支配人が撤去決定(2020年2月16日から2020年3月31日までの間なら)
  • AKSが分社化されて以降の、渡辺洋行Sproot社長が撤去決定(2020年4月1日から2020年10月29日までの間なら)
  • AKSが分社化されて以降の、岡田剛Flora社長が撤去決定(2020年4月1日から2020年10月29日までの間なら)

なお、Sprootの会社設立日が2020年2月6日、Floraの会社設立日が2020年3月19日であるため、2020年3月19日には両社の社長も就任済みであった。
したがって、2020年3月19日から同月31日までの間であれば、次期運営である両社の社長の意向を無視して撤去できたとは考えにくい。

何のために撤去したのか

このサインボール撤去は、山口真帆さん達の痕跡を抹消する以外に理由は考えられない。

NGT48運営は、山口真帆さんが副キャプテンを務めたチームGの公演や、山口真帆さん達の卒業公演である「太陽は何度でも公演」を、頑なにアーカイブを配信販売していない。
また、メンバー達から山口真帆さんの話題は、2020年7月以降、一切無くなった。

「山口真帆さん達の痕跡はできるだけ消す」という運営の姿勢は、一貫している。

何が問題か。現運営の姿勢の象徴。

「卒業生のボールはずっと残っていき、劇場を見守り続けます。」と今村悦朗NGT48劇場支配人(当時)に言われたサインボールは、4年も経たずに撤去された。

もちろん、NGT48劇場から記念品が撤去されようと、山口真帆さん達にとっては、大きな不利益にはならない。

この「劇場から記念品抹消」、そしてその状態が維持されている事が、どんな問題であるかということについては、以下が挙げられる。
  • 「卒業生も応援する組織に致します」という、Sproot(NGT48親会社)社長渡辺洋行の言葉が履行されていない。現運営の信用問題
  • 山口真帆さん達の痕跡を消すためだけに、北原里英さんや柏木由紀さんといった、大物である先輩達のサインボールまで撤去した運営が、異常さを露呈

2022年1月現在、NGT48運営は、「サインボールを戻す」という、事件本体には触れずに「運営は変わった」とアピールできる絶好かつ簡単な手段を、行使していない。
それほどまでに頑なな姿勢を貫いているのが、Sproot(渡辺洋行社長)であり、Flora(岡田剛社長)である、その事実を象徴しているのが、この撤去されたサインボールである。

なお、
  • 既に廃棄処分された
  • 卒業生に返却された
という可能性もあり、その場合はもはや「戻すことすらできない」事になる。

Menu

運営・企業幹部・スタッフ

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます