NGT48事件史(NGT48暴行事件ほか) - NGT事件2018年12月
2018年12月8日、山口真帆さんが自宅マンション玄関で襲撃された、通称「NGT48暴行事件」が起きた。
本項ではその2018年12月に、何が起きていたかを、公開情報で裏付けが得られる範囲・その範囲から無理なく推測出来る範囲で整理する。


2018年12月8日

2018年12月9日

2018年12月13日

  • 山口さん、FNS歌謡祭出演

2018年12月17日

  • ラジオ番組「NGT48のガチ!ガチ?カウントダウン!」に、山口真帆 渡邉歩咲さんが出演。(一部書き起こし

2018年12月23日

  • 山口さん、幕張握手会午前の部参加。午後キャンセル (激やせ)

2018年12月24日

  • NGT48劇場にて、研究生公演「PARTYが始まるよ〜研究生の息吹を感じて!〜」の初日。ドラフト3期生5人と、その2カ月後に加入した2期生の11人が、レギュラーメンバーとして出演。(日刊スポーツ:NGTドラフト3期生ら初舞台 サンタコスで魅了
  • ラジオ番組「NGT48のガチ!ガチ?カウントダウン!」に、菅原りこさんと長谷川玲奈さんが出演。(一部書き起こし
    • 「NGTの中で一番良い人」とメンバー間で菅原さんが評されている事も話題になった。
    • 菅原さんと長谷川さんは、終始、山口真帆さんに寄り添い、行動を共に。翌年5月に3人で卒業する事になる。
    • 菅原さんは「ビシバシって言える人になりたい。」と述べているが、その言葉通り、事件発覚後、「真帆を助ける事がいけない事なんですか」とはっきり言う事となった(のちの朝日新聞記事)。
    • 卒業後、長谷川さんは事務所クロコダイルに所属。「声優って道を一つ手に入れることと、やっぱ演技のお仕事ももう一回やりたいな」という目標を(本人が予想しない形であったろう経緯で)実行する事になった。

2018年12月25日

  • 今村悦朗支配人による全員不問発表
  • 山口さん、劇場公演(最後のほう、介助が必要)、心が折れる
  • チームN掘加藤家で「安心安全メンバー」として大はしゃぎのクリスマスパーティー、showroom配信(西村、太野欠席)
  • チームGクリスマスパーティー中止
  • 予告より遅れて中村、村雲両名による暗いshowroom

2018年12月26日

  • NGT48運営が、2期研究生H氏の活動自粛を発表。自粛の理由は「活動のルールに反する行動が認められた為」とのみ。自粛期間は未定とされた。
    • 上述の2日前の初舞台に、H氏は登場している。
    • 事件と前後する出来事だった為、(後述するBCを庇いたがる)ゴシップ誌「週刊文春」から事件関与を匂わせられるなどしたが(その矛先は中井りかさんにも向けられた)、H氏は事件に関与していたとは考えられない。
      • 第三者委員会報告書でも、主に問題になったのは別の「A、B、C」と表記された3人のうち、特にB、Cであり、H氏はメインの登場人物には数えられていない。
      • また、H氏の「自粛」が【仮に】事件に起因するものであれば、翌1月に「運営は悪いやつらの処分を約束したのに果たさなかった」とした山口さんの主張とかなり矛盾する。
    • H氏は翌年3月10日に活動辞退。

2018年12月28日

  • 襲撃犯達、不起訴処分となり釈放される(当時報道されず、1月9日になってこの釈放日が報道された)。

不起訴の起訴猶予は無罪なのか?処分保留との違い(泉総合法律事務所)から以下一部引用
>不起訴になる理由は、大きく分けて、
>嫌疑なし
>嫌疑不十分
>起訴猶予(罪を犯しており証明もできるが、軽い犯罪であるとか、被害者と示談ができて被害者も許してくれた、社会的制裁を既に受けている、深く反省しているなどの理由で、今回は、起訴しないであげますということ)
>の3つがあります。
>不起訴処分を受けた人は裁判を受けていませんから、無罪判決を受けたわけでも、有罪判決を受けたわけでもありません。そこで、この一事不再理は適用されないので、さらに捜査を受けることもありえます。よって、厳密には「不起訴」=「無罪」ではありません。